アプリケーションエンジニアの将来への努力

アプリケーションエンジニアは、高度情報処理技術者としての資格を必要とする高度な職種でありながら、いわば中間管理職にあたる仕事を担うことになるというデメリットがある。プロジェクトの統括を担うプロジェクトリーダーと実際に作業を実施するエンジニアやプログラマの間に立って、プロジェクトの進行の管理を行うことになるからである。

プロジェクトがうまく進行するように働きかけることによって全体の動きがよくなり、想定よりも良いものが短い期間で開発されることになったとしても、その結果がアプリケーションエンジニアによるものであるということが判断しづらい。そのため、プロジェクトリーダーや現場のエンジニアやプログラマの成果として捉えられてしまうこともしばしばある。

しかし、アプリケーションエンジニアはその成果を明らかにして昇進をしていくことが期待されている人材でもあり、将来のプロジェクトリーダー候補として求人募集がされていることが多い。そのため、うまく自己アピールをしていくことによって、その存在感と活躍の様子を上司に認識していってもらう必要があり、実務を行うのと並行してそういった努力もしていかなければならないのである。

しかし、ひとたびアピールに成功すればプロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーへと昇進していくキャリアパスを進むことが可能であり、将来性が高い職種として人気を集めるようになってきている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です