アプリケーションエンジニアの現場での仕事

アプリケーションエンジニアは、システム開発の現場を円滑に動かすために有用な人材として、求人募集も豊富になってきている職種である。システム開発においてはクライアントに対するヒアリングを通して解決すべき問題を具現化し、必要となる情報システムを考案して設計し、その開発を行うというのが基本的な流れとなっている。このプロジェクト全体を統轄するのがプロジェクトリーダーであり、母体となる企業で行っている多数のプロジェクトの中での立ち位置も考えながら総合的な管理が担われている。

しかし、より現場に近い位置でのリーダーとなる存在がいることによって現場のフットワークが軽くなり、柔軟に必要なシステム開発を行っていくことができる。その役割を果たすのがアプリケーションエンジニアであり、システム設計を担いながら、プログラミングの指示を出していくことが基本的な仕事となっている。

しかし、その正確な立ち位置や担うべき仕事は現場によって同様ではない。
システム設計をプロジェクトリーダーと相談しながら行う場合もあれば、全権利が委任されることもある。また、現場のシステムエンジニアと共に設計を行うことを要請される場合もあり、その現場に応じて適切な対応を取る必要が生じる。
一方、プログラム開発の一部も任される現場もあり、プロジェクトメンバーの構成や進行状況によって柔軟な役回りが求められるのがアプリケーションエンジニアなのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です